タナカワークス: モデルガン本体 三八式歩兵銃

メーカー希望小売価格: ¥98,280(税込)
価格: ¥76,388 (税込 ¥82,499)
数量:
在庫: お取寄せ商品

返品についての詳細はこちら

twitter

タナカワークス製モデルガンシリーズ 旧日本軍の主要火器として大東亜戦争末期まで使用された傑作ボルトアクション式小銃 『三八式歩兵銃』 (国産/日本製)

当商品は原則流通在庫からのお取り寄せとなります。商品によってはご用意できない場合も御座います。その際は予約として承りますので、予めご了承下さいませ。

タナカワークス製発火式モデルガン『三八式歩兵銃』が、リニューアルして再登場!

日本兵が命を託したかけがえの無い相棒『三八式歩兵銃』

三八式歩兵銃(さんはちしきほへいじゅう)は、日露戦争後の明治38年、それまでの30年式歩兵銃の更新機種として、当時の大日本帝国陸軍に制式採用された国産小銃です。新型の九九式短小銃が採用された後も長く第一線で活躍し、まさに日本軍を代表する兵器の一つと言えるでしょう。

熟練した腕を持つ職人の手で一丁一丁丹念な調整が加えられた上で組み上げられ、命中精度の高さでは定評がありました。6.5mmという小口径と長い銃身の組み合わせは、発射炎(マズルフラッシュ)や発砲煙が少なく、戦闘時の被発見率の低減に役立っていました。

このような三八式の性能に加え、優れた射撃訓練のカリキュラムを有していた当時の日本軍兵士の射撃能力は、諸外国の軍隊と比較しても非常に高レベルであったと言われ、南方の緒戦線で日本軍と戦った米軍将兵をして『日本兵は全員がスナイパーだ』とさえ言わしめました。

海外でもその名を広く知られた三八式

戦後、軍用としての役目を終えた三八式ですが、その命中精度の高さから競技用として、また狩猟用として第2の人生を送る事となりました。海外では『Type-38 Arisaka Rifle』の名で知られており、特に米国ではカスタムライフルのベースガンとしても広く用いられていました。またその美しい仕上げに魅せられる愛好家も多く、程度の良いオリジナル品はコレクター垂涎の的となっています。

旧軍ファン感涙の出来映え・タナカワークスモデルガン『三八式歩兵銃』

旧日本軍の小火器を精力的にリリースしているタナカワークスは、これまでにもモデルガン、ガスガンとして三八式歩兵銃をモデルアップしてきましたが、今回はより高い再現性を目指して各部に改良を加えたリニューアルモデルとしての再リリースとなります。

リアルな外観、構造は勿論の事、7mmキャップ火薬を用いて、迫力ある発火も楽しめる仕様となっています!

※当製品は原則としてお取寄せとなります。流通在庫状況によってはご用意できない場合がございます。予めご了承ください。

 

商品カテゴリ

ページトップへ