東京マルイ: 次世代電動ガン本体 M4 CQB-R FDE

メーカー希望小売価格: ¥59,184(税込) ¥74,800(税込)
価格: ¥35,620 (税込 ¥38,470) ¥48,241 (税込 ¥52,100)

返品についての詳細はこちら

twitter
数量:
仕様メーカー希望小売価格価格在庫購入
本体単品¥59,184(税込)¥35,620(税込 ¥38,470)店頭または問屋在庫
スターターセット¥71,345(税込)¥44,583(税込 ¥48,150)店頭または問屋在庫
LIPO-スターターセット¥74,800(税込)¥48,241(税込 ¥52,100)店頭または問屋在庫

東京マルイ製次世代電動ガンシリーズ M4カービンの近接戦闘用短銃身バージョン 『M4 CQB-R』 フラットダークアース (国産・日本製)

【このモデルでカスタムガンを選ぶ】

スターターセットがオススメ!!

『スターターセット』
『電動ガン本体セット』に、『マルイ純正バッテリー』と『純正充電器』、『純正多弾マガジン』が付属した、電動ガン初心者の方にオススメなセットです。

『LIPO-スターターセット』
電動ガン用バッテリーとして周流になりつつある、『LIPO-バッテリー』
そこで、電動ガン本体のストックをミニコネクター化加工する事により、
LIPOバッテリーを使用可能としました。
変換アダプターを介さず直接、電動ガンとLIPOバッテリーを接続できることにより、
純正バッテリー使用時に比べ、サイクルの上昇、レスポンスの向上が見込めます。
セット内容は、『コネクタ加工済みの電動ガン本体』、『純正多弾マガジン』、
『LIPOバッテリー』、『専用充電器』、『セーフティバック』となっています。

サバゲで有利に戦いたい方には、非常にオススメなセットです。
※コネクタ加工に伴い、マルイ純正のSOPMODバッテリーは使用できなくなります。

<製品仕様>
●全長:780/705mm(ストック収納時)
●重量:3370g(バッテリー含む)
●銃身長:275mm
●装弾数:82発(多弾数マガジン使用時:430発)

ハードなリコイルを体感できると好評の『シュート&リコイルエンジン』搭載、次世代電動ガンM4シリーズの第3弾として、サブマシンガン並みの10.3inバレルを採用したショートM4『CQB-R』が登場です。

CQB-Rとは『Close Quarters Battle Receiver』を意味します。10.3inバレルがインストールされたアッパーレシーバー一式を核としたキットで、US SOCOM(合衆国特殊作戦群)に所属する特殊部隊に支給されており、支給済みのM4カービンにこのキットを組み込むことで、室内戦闘や警備任務など長い射程よりも取り回しの良さが重視される任務に適した近接戦闘用火器にコンバートできるものです。

M4系電動ガンのカスタムメニューとしても根強い人気を誇るこのカスタマイズM4を、東京マルイが次世代電動ガンM4シリーズのバリエーションとしてラインナップ。各所に新規開発のパーツを織り込んだCQB-Rの決定版ともいえる製品となっています。

ストックは近年人気となっているVLTOR社のEMODタイプを再現。ニッケル水素SOPMODバッテリーを収納でき、ワンタッチでバッテリー交換が可能です。またストックエンドには小型の収納コンパートメントが備えられ、CR/SF123系のリチウム電池または単3乾電池2本を収納可能となっています。

フロントレイル用オプションの定番であるバーティカル・フォアグリップとして、装備の邪魔になりにくいTangoDownタイプのショートフォアグリップが標準装備されています。

マズル部分には海軍モデルであるMK-18 Mod0にも採用されているナイツタイプのQDフラッシュハイダーを装備し、プロ仕様をさりげなく主張。その他各部の仕様はSOPMOD M4を踏襲し、シュート&リコイルメカによる実射の醍醐味も健在。取り回しが格段に向上したことで一層ゲームユース向きとなった『CQB-R』、まさにインドアのCQBサバイバルゲームに活躍できる次世代電動ガンとなっています。

電動ガン本体に必要なサプライを付属したお得なスターターセットもご用意できます!
【スターターセット内容】
●電動ガン本体
+純正バッテリー 1個
+純正充電器   1個
+純正多弾数マガジン 1個
(マガジンのカラーは電動ガン本体に付属しているマガジンカラーに準拠します)

※本製品は国内ディーラーよりのお取り寄せとなる場合がございます。

商品カテゴリ

ページトップへ