ARROW DYNAMIC (アローダイナミック): 電動ガン AD-AEG043 電動ガン ベルグマンMP18(第1次世界大戦,ドイツ軍,短機関銃)

希望小売価格: ¥3,300(税込) ¥52,800(税込)
価格: ¥2,400 (税込 ¥2,640) ¥36,000 (税込 ¥39,600)
[ポイント還元 26ポイント~]

返品についての詳細はこちら

twitter
数量:
内容希望小売価格価格在庫購入
本体¥52,800(税込)¥36,000(税込 ¥39,600)在庫切れ・再販未定 入荷連絡を希望
スペアマガジン 180連¥3,300(税込)¥2,400(税込 ¥2,640)在庫切れ・再販未定 入荷連絡を希望

サブマシンガンの始祖『ベルグマン MP18』が電動ガンで新登場!

 第1次世界大戦における塹壕戦で猛威を振るった史上初のサブマシンガン(短機関銃)『ベルグマン MP18』。1918年3月のドイツ軍春季大攻勢をにらんだ決戦兵器として開発され、過大な重量やサイズにより陣地防衛や突撃の際の支援火器としての運用に留まった重機関銃に対し、本銃は拳銃弾である9mmパラベラム弾を採用することで大幅な軽量化とコンパクト化を実現しており、敵陣地塹壕への突入の際に極めて優れた制圧力を発揮しました。

 その威力から連合軍将兵から大いに恐れられ、ドイツ敗戦後に締結されたヴェルサイユ条約において、ドイツ国内における同種の兵器の製造が禁止されるほどの影響を及ぼしました。シンプルかつ信頼性の高いMP18の基本設計は、その後各国で開発されることになるSMGの設計の絶大な影響を与えており、まさに『短機関銃の始祖』と呼べる兵器でした。

 この『ベルグマン MP18』を、ARROW DYNAMIC(アローダイナミック)が電動ガンとしてモデルアップ!外観は第1次大戦終結後に生産された後期型を再現しており、ルガーP08用のスネイルマガジンを流用していた初期型に対し、後期型はオーソドックスなボックスマガジンを採用しているのが特徴となっています。

 実銃の独特なスタイリングを再現すべく、一部Ver.2用のパーツを流用した専用メカボックスを採用。実銃はフルオートのみですが、電動ガンバージョンではセミオート/フルオートの切り替えも可能となっています。

 ストックはリアルさを追及した木製ストックを標準装備。

<消費税率の変更に関するお知らせ>
2019年10月1日(火)以降の出荷となるご注文について、新税率10%を適用いたします。 注文完了時に旧税率8%でも、出荷日が10月1日以降になる場合、 請求時に差額分の消費税を加算して請求させていただきます。

 

ページトップへ