タナカワークス: ハンドガン本体 COLT SAA.45 1st Gen 5 1/2in HW(コルト,ピースメーカー,シングルアクションアーミー,ペガサス,ガスガン)

メーカー希望小売価格: ¥27,540(税込)
価格: ¥21,675 (税込 ¥23,409)
数量:
在庫: 在庫切れ・再販未定 入荷連絡を希望
在庫なし

返品についての詳細はこちら

twitter

タナカワークス製ペガサスリボルバーシリーズ(国産/日本製)
※こちらの商品のメーカー、製品の特性として初期不良および修理への対応には大変お時間が掛かます。
初期不良の可能性がある場合につきましては、当店では対応できない場合がございます。修理や製品の不具合についてはメーカーへ直接お問い合わせください。



当商品は原則流通在庫からのお取り寄せとなります。商品によってはご用意できない場合も御座います。その際は予約として承りますので、予めご了承下さいませ。

西部劇でお馴染みの名銃!コルト45『S.A.A.』

西部を征服した銃とも呼ばれる、コルトS.A.A.(シングルアクションアーミー)。銃に詳しくない人でも、『西部劇で主人公が握っている銃』といえば『ああ、アレか!』とうなずく方も多いのではないでしょうか?

その名の通り、ハンマーを指で起こして発射準備を整えるシングルアクション方式を採用しており、トリガーを引くだけで連発できるダブルアクションが主流となった現在では骨董品とみなされていますが、構造が極度に単純な分操作の追従性は高く、早射ちに向いた拳銃という評価があります。事実、ギネスブックにおける早撃ちの世界記録はこの銃で出されており、いまだにこのレコードは破られていません。

かつてはM1873の名称で米軍の制式拳銃にも制定されており、45ロングコルトというストッピングパワー(人体抑止力)に優れた使用弾と相まって、兵士達に頼りにされていました。旧式化に伴って一度は制式拳銃の座を下ろされたS.A.A.でしたが、1898年の米西戦争において当時採用されていた38口径リボルバーの威力不足が指摘され、一時的ではありますが実戦の場に返り咲きました。

リボルバーファンをうならせ続けるタナカワークス『ペガサス』シリーズ

S.A.A.45シリーズのマガジン交換のようにシリンダーごと交換してしまう画期的なシステムのデタッチャブルシリンダータイプに5.5インチバレル仕様のアーティラリーが登場!シリンダーごと交換することにより冷えてしまっていたり、ガスが少なくなっているシリンダーを交換できる方式で、予めBB弾とガスを装填しているシリンダーを予備に持っておけば、連続射撃でも安定した射撃が可能です。

 

ページトップへ