タナカワークス: モデルガン本体 U.S. M1カービン Ver2(エムワン,発火,第2次大戦,米軍)【佐川便のみ対応】

メーカー希望小売価格: ¥540(税込) ¥75,600(税込)
価格: ¥425 (税込 ¥459) ¥63,888 (税込 ¥68,999)
[ポイント還元 4ポイント~]

返品についての詳細はこちら

twitter
数量:
内容メーカー希望小売価格価格在庫購入
本体¥75,600(税込)¥63,888(税込 ¥68,999)在庫切れ・再販未定 入荷連絡を希望
スペアマガジン 15発¥5,184(税込)¥4,444(税込 ¥4,800)在庫切れ・再販未定 入荷連絡を希望
スペアカート 10発¥5,940(税込)¥5,093(税込 ¥5,500)在庫切れ・再販未定 入荷連絡を希望
MGキャップ火薬 5mm 100P¥540(税込)¥425(税込 ¥459)店頭または問屋在庫

2次戦米軍ファン必携の長物ブローバックモデルガン!

 第2次世界大戦中米国の大手銃器メーカーウィンチェスター社によって開発され、主に後方支援要員や分隊指揮官、無線手の武装用として配備された自動式騎兵銃『M1 カービン』。当時の米軍における主力小銃であったM1ガーランドの30-06弾に比べて装薬が大幅に減装された30カービン弾を使用するセミオート式小銃で、有効射程や打撃力に劣る反面小型軽量で取り回しが良く、近接戦における火力にも優れたコンパクトな自動火器として連合軍兵士達に愛されました。

 その使い勝手の良さは旧日本軍の兵士の間でも好評を博しており、南方戦線で鹵獲されたM1カービンが制式外兵器として盛んに利用され、日本語の操作手引書も作成されていました。また戦後は米国の日本に対するMAP(軍事援助計画)に基づいて警察予備隊~自衛隊にも供与されており、豊和工業によるライセンス生産も行われたことから、日本人にも馴染みの深い自動小銃といえるでしょう。

 このM1カービンをタナカワークスが金属モデルガンとしてモデルアップ!ダミーカート仕様ではなくキャップ火薬を利用してブローバック作動を楽しめる発火モデルとなっています!

 今回は内部構造の見直しと硬質アルミ製カートの採用により、一層安定したブローバック作動を実現したVer.2となっての再登場!ストックはオイル仕上げの高級ウォールナット材を使用し、古き良き時代の銃の温かみを感じさせる仕上がりが魅力です!

ご注文時の在庫状況によっては、問屋流通在庫よりのお取り寄せとなる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

こちらの商品は本体サイズの問題により、佐川急便以外での発送は承る事が出来ません。また他の銃本体(パーツであってもサイズによっては)との同梱発送もサイズオーバーとなり出来かねます。同時に他の銃本体商品をご注文いただきましても、別々の発送とさせていただきます。それぞれに送料がかかります。予めご了承いただき、お申し込みくださいませ。

 

ページトップへ