タナカワークス: モデルガン本体 SIG P229 フレームHW EVO2 (シグ,357SIG,発火,ブローバック)

メーカー希望小売価格: ¥550(税込) ¥29,480(税込)
価格: ¥425 (税込 ¥468) ¥22,545 (税込 ¥24,800)
[ポイント還元 4ポイント~]

返品についての詳細はこちら

twitter
数量:
内容メーカー希望小売価格価格在庫購入
SIG P229本体¥29,480(税込)¥22,545(税込 ¥24,800)在庫切れ・再販未定 入荷連絡を希望
P228シリーズ共通スペアマガジン¥5,280(税込)¥3,840(税込 ¥4,224)店頭または問屋在庫
357SIG EVO2カート 10発セット¥5,280(税込)¥4,440(税込 ¥4,884)店頭または問屋在庫
P229用スレッデッドバレル¥4,950(税込)¥4,050(税込 ¥4,455)店頭または問屋在庫
マルチサプレッサー 14mm正/逆ネジ¥6,380(税込)¥5,220(税込 ¥5,742)店頭または問屋在庫
MG-CAP 5mm(火薬)¥550(税込)¥425(税込 ¥468)店頭または問屋在庫

タナカワークス製モデルガンシリーズ

 その優れた命中精度と高い信頼性から、世界中の軍/法執行機関に広く採用されている公用自動拳銃『SIG P220シリーズ』。そのバリアントの一つであり、セミコンパクトバージョンのP228の強化版のような位置付けで開発されたのが『P229』です。

 90年代に入り、40S&Wや357SIGといった強力な弾薬を使用できる公用向けセミコンパクト・ピストルが求められるようになったことを受けて開発されたもので、スライドを従来の冷間鍛造スタンピング(プレス)成型からNCマシニングによるステンレス鋼の削り出しに変更したことで、P229とほぼ同サイズながらより強力な弾薬の使用に耐え得る耐久性を獲得。使用弾のラインナップの一つとしてSIGが独自開発した『357SIG』弾は、40S&Wの薬莢をネックダウンして9mm口径の弾頭と組み合わせたもので、現代のピストル用弾薬としては珍しいボトルネック形状が特徴。

 コンパクトサイズのハンドガンから射撃できるサイズながら357マグナム並みのパワーファクターを引き出すことに成功しており、P229とともに米国のシークレットサービスや連邦航空保安局に採用されています。

 この『P229』を、タナカワークスがブローバックモデルガンとしてリリース!外観は同モデルが公的機関で使用され始めた94年ごろの製造ロット分をモデルアップしています!

 業界初となる357SIGタイプの発火カートは基本構造を踏襲しつつ、インナートップに4つの穴を開けることで音抜けを改善した『快音』タイプとなっており、357SIG実弾を彷彿とさせる迫力ある発火音を実現!マガジンはP228シリーズとの互換性を確保すべく、敢えて9mm用と共用となっています

 内部メカは先行リリースされた製品からフィードバックされたデータを活かし、ブローバック発火式モデルガンとしてより熟成された設計となっており、作動の信頼性や耐久性が大きく向上!撃って楽しむためのモデルガンとして完成度の高い製品に仕上がっています!

 

ページトップへ