(再入荷)KSC(ケーエスシー): ハンドガン本体 M93R AUTO 9C HW (オートナイン,オート9,ロボコップ,ガスブローバック)

メーカー希望小売価格: ¥4,400(税込) ¥25,300(税込)
価格: ¥3,600 (税込 ¥3,960) ¥19,550 (税込 ¥21,505)
[ポイント還元 39ポイント~]

返品についての詳細はこちら

twitter
数量:
内容メーカー希望小売価格価格在庫購入
AUTO 9 HW本体¥25,300(税込)¥19,550(税込 ¥21,505)在庫切れ・再販未定 入荷連絡を希望
スペアマガジン 38連STD(G010)¥4,400(税込)¥3,600(税込 ¥3,960)在庫切れ・再販未定 入荷連絡を希望
マウントベース(J031)¥8,800(税込)¥7,200(税込 ¥7,920)店頭または問屋在庫

KSC製ガスブローバックハンドガンシリーズ 80年代SFアクション映画の金字塔『ロボコップ』に登場した、ベレッタM93Rベースのロボコップ専用マシンピストル 『AUTO(オート)9』 (国産/日本製)

80年代SFアクション映画の金字塔『ロボコップ』

 ターミネーターと並び1980年代を代表するSFアクション映画の傑作の一つに数えられる『ロボコップ』。凶悪犯に惨殺された警官がサイボーグとして蘇り、街にはびこる悪を討つというストーリーで、そのキャラクターは日本の特撮ヒーローものからインスパイヤされたとも言われています。

 一見アメコミを思わせる内容ながら、鬼才ポール・バーホーベン監督の手による容赦ないバイオレンス描写と、不況のあおりで犯罪都市と化した近未来のデトロイト描写など、非常にシリアスかつシニカルな作風に仕上がっています。

 機械化された身体と残された人間性の間で苦悩しながらも、かたくなに正義を貫こうとする主人公『ロボコップ』ことアレックス・マーフィーの姿は、観るものの共感を呼びました。

ガンマニアの間で話題をさらったロボコップの愛銃『オート9』

 そのロボコップの劇中、主人公の専用銃として登場したのが、通称『オート9』と呼ばれるカスタムハンドガン。ベレッタM93Rをベースに大型のスタビライザーと専用グリップを装着し、ロボコップ専用銃としてカスタマイズされた物で、一度見たら忘れられない強烈なインパクトを見る者に与えました。

 ベースガンの特徴である3点バースト機能は劇中でも活かされており、正確無比な射撃で次々とターゲットを撃ち抜いてゆくシューティングレンジのシークエンスは、劇中屈指の名シーンと言えるでしょう。

トイガンの世界で一世を風靡したオート9

 映画の大ヒットにともなってオート9の人気も急上昇し、当時MGCから発売されていたM93Rガスガンをベースにオート9風の外観にカスタムするキットが発売されたことをはじめ、数多くのトイガンメーカーがこぞってオート9をモデルアップしました。中でもMGC純正のオート9は、続編であるロボコップ2の劇中で撮影用(発砲シーン以外)の小道具としても使用されています。

 M93Rをモデルアップしているメーカーであれば、必ずラインナップに加えているといっても過言ではないこのオート9を、KSCは同社の『M93R C』をベースにブローバックガスガンとしてモデルアップしました!

 ハイエンドモデルである『M93R II』系とは異なり、簡略化された構造を持つ廉価版Cモデルをベースとしており、作動はセミ/フルのみとなりますが、その分お求め易い価格設定が魅力!

 ボリューム感溢れる大迫力の外観と、快調なフルオート射撃を、ぜひ体感してください!もちろんサイボーグ化してなくてもOKです!

 ずっしりとした重量感が魅力のHW(ヘビーウェイト)樹脂バージョン。

 

ページトップへ