エアガン用語集

電動ガン

電動ガン

バネを引く手間を省いた「スプリング式エアーガン」のことです

電動ガンは電気モーターを利用してスプリング式エアーガンのバネを引く作業を自動化したエアーガンのことです。
(参照→Wikipedia「電動ガン」…図解入りで非常にくわしく解説されています)
特徴は発射のための動作がほとんど自動化されていることで、電源バッテリーがあればバネを引く動作もいらず、トリガーを引くだけでフルオート連射が可能になっています。

電動ガンの特徴

【利点】
電動ガンはBB弾を1発発射するごとに1回の圧縮空気を使います。そのため連射しても一定のパワーを発揮するのが利点です。
また撃ち手はトリガーを引くだけで発射できる手軽さが人気です。

【難点】
電動ガンを発射するためには電源が必要です。サバイバルゲームの途中で電源が切れると撃つことができなくなってしまいます。
また精密なギア(歯車)を備えた機械を強力なモーターで駆動させているため、摩耗や破損にも気を配る必要があります。潤滑や清掃などこまめなメンテナンスが必要です。

電動ガンの種類

【電動ガン】
東京マルイが初めて開発した時の基本構造を持つものを、一般的に「電動ガン」と呼んでいます。
その後、以下のような派生型が開発されており、それらと区別するために「スタンダード電動ガン」「従来型電動ガン」などと呼ぶこともあります。
発射機構を収めるメカボックスのサイズが、アサルトライフルのレシーバーに準じて設計されているため、M4/M16シリーズやMP5シリーズなど、ある程度の大きさがある銃をモデルにした製品が発売されています。

【電動ハンドガン】
従来の電動ガンよりも小型化したメカボックスを開発し、電動ガンの発射メカニズムをハンドガン(ピストル)の形状に収めた製品です。
電動ガンならではの「フルオート連射」と「安定したパワー」が得られるのが最大の特徴です。ガスブローバックガンと比べてギミックやアクションのリアリティはお取りますが、発射性能の高さからサバイバルゲームなどのシューティング目的では非常に優れた製品となっています。

【電動コンパクトマシンガン】
電動ハンドガンの機構をベースに開発された、サブマシンガンクラスのモデルです。

【次世代電動ガン】
従来の電動ガンになかった「リコイルアクション(ブローバック)」を追加して、より迫力あるシューティングが楽しめるようになった電動ガン。発射機構は従来型電動ガンの基本構造を受け継いでいるので、サバイバルゲーム等シューティング目的でも安定した射撃が楽しめます。

電動ガンの周辺機器

【バッテリー】
電動ガンを駆動させるための電源となる充電池。電池の種類やサイズなどさまざまなものが発売されており、電動ガン本体にあわせて選ぶことができます。そのためほとんどの電動ガン製品で本体とは別売になっています。
バッテリーは電圧や電池性能によっては電動ガンに大きすぎる負荷をかけて故障させることもありますので、適切なバッテリーをお選びください。

ページトップへ